婦人

ベビーワセリンについての知識をつけよう|正しく利用する為に

安全性を知る

鏡を見る人

ベビーワセリンは、無添加で低刺激なので安全性が高いというイメージが強いです。確かに、不純物も少ないですから安全性が高いのは否めないでしょう。ですが、ベビーワセリンの材料は石油で石油から混合物を脱色して精製したものになりますので、使い方を間違えてしまうと肌に負担がかかってしまって副作用が起こることもあります。どのような副作用が起こるのかといえば、油焼けと接触性皮膚炎が引き起こることがあります。油焼けは、肌にワセリンを塗った状態で紫外線を浴びると起こります。これは、含まれている多少含まれている不純物に紫外線が反応してしまって色素沈着に変化してしまうことが原因とされています。ですが、これは昔の精製技術で起こることが多いとされていましたので現代ではほとんど起こりにくいとされています。ベビーワセリンは特に最も不純物が少ないので安心して使えます。ですが、塗り過ぎてしまうと起こる可能性があるので気を付けましょう。

そして、接触性皮膚炎は少しだけ残っている不純物によって引き起こる可能性があります。ですから、不純物の少ないベビーワセリンを使ってかゆみや赤みが感じたら病院に相談しましょう。これは、肌に合っていないということですから、ベビーワセリンを使うのをやめて医師の指示に従うのが一番良い方法になります。このように、安全性の高いベビーワセリンでも使い方や肌に合っていないとなれば副作用が起こりますので、自分の肌に合うかどうかを確かめてから正しい使い方で塗るようにしましょう。